みずほ銀行カードローンの在籍確認の有無や、その方法について。

みずほ銀行でカードローンの申し込みをすると、窓口の担当の人から「在籍確認に為に、お勤め先にお電話をさせて頂く場合がございます」と言われます。この場合、電話がかかってくる先として考えられるのは、カードローンの申込書に記入した勤務先の電話番号です。会社名だけでなく所属の部署も記入するようになっているので、その部署あてにかかってくることもあります。また、ここで電話をかけてくる人は、みずほ銀行の担当者ではありません。みずほ銀行でカードローン総選挙を申し込んでも、その保証会社になっているのはオリエントコーポレーションという会社なので、オリエントコーポレーションの人から電話がかかってきます。電話がかかってくるのが嫌だからと言って、電話番号を書かなかったり、嘘の電話番号を記載すると、審査に通らなくなる可能性も大きいので、注意が必要です。 一方で、この在籍確認の電話は必ずかかってくるという訳ではありません。例えば、現在、みずほ銀行のカードローンは200万円までの借入限度額であれば、源泉徴収票の提出が不要となっているのですが、この200万円までの借り入れであれば、在籍確認の電話がかかってくることは、ほとんどありません。

銀行名での在席確認なので安心

法的には問題の無いカードローンの契約とはいえ、職場に知られてしまうとあらぬ誤解を受ける危険性もあるので、極力バレないようにしたいという方も多いと思います。その際、最大のネックになるのが職場への在籍確認の電話です。正しく申請した会社に勤めているかの確認なので、在籍確認はどうしても必要なことになります。確実に在籍確認電話を自分で取るというのは難しいですし、そもそも電話が代表に集約されていて、個別には出られないというケースも多々あると思います。みずほ銀行のカードローンも在籍確認を行っていますが、その方法は職場の人に不審がられないような方法を採ってくれますので安心です。まず、在籍確認の電話では本人が出た場合を除いてみずほ銀行としか名乗らず、みずほ銀行カードローンセンターなどといった名称は名乗りません。さらにカードローンの申込みに関する確認ですとかそういったことは職場で電話を取った別の人には一切明かしません。本人が不在の場合には急ぎではないのでまたかけ直します、などと行って上手くごまかしてくれます。しかも個人名で掛けてくると行った不審な行動を取ることはなく、初めからみずほ銀行と名乗って掛けてくれますので、職場で別の人が電話を受けたとしても銀行からの問合せとしか思わないのはかなりのメリットといえます。

アコムでカードローン契約するときの在籍確認の方法・内容

アコムでカードローン契約をする時には、在籍確認が必要とされています。
しかし、職場に、消費者金融からの在籍確認の電話をされることに抵抗がある、と言う方もいらっしゃると思います。そこで、アコムでのカードローン契約の際の、在籍確認の方法と、そしてその内容についてご紹介したいと思います。
まず、アコムでカードローン契約をする際には、職場に在籍確認の電話がされます。こちらの電話ですが、日時指定などは特にすることが出来ませんので、あらかじめこのことを頭に入れておく必要があります。
在籍確認は本人がいる場合には、本人が電話にでるということも可能ですが、本人がいない場合にも、他の社員の方に名前を伝え、そして在籍していることが分かれば、それでオーケーとなります。
在籍確認の内容ですが、大体はアコムという消費者金融の名前は伝えずにされることが多く、個人名にて「●●さんはいらっしゃいますか」という連絡をいれることがほとんどだそうです。このため、個人名で在籍確認をすることが出来れば、それでオーケーとなります。
内容は、在籍が確認することが出来ればそれで終了となりますので、その他の要件などを、この在籍確認で伝えることは一切ありません。

三井住友銀行カードローンの在籍確認方法に関して

三井住友銀行カードローンというのはとても人気のあるカードローンですから、これから利用をしてみちあと思っている方もきっと少なくないはずです。ただ、カードローンを契約する上では在籍確認というものが必要になります。在籍確認は職場に確認がいきますので、そこで三井住友銀行カードローンの利用が会社にバレてしまわないか不安になる方もいらっしゃるでしょう。そういった方のために、三井住友銀行カードローン契約時の在籍確認の内容などに関して解説をしていきます。
三井住友銀行カードローンの在籍確認は、確かに職場に電話はいきますがその時には決してカードローンの名前は出しません。担当者個人の名前で電話をして、5分とかからないケースがほとんどです。具体的な内容としては、電話に出た人に申込者の名前を出し反応を見ます。「本日は出勤しておりません」などその場に申込者がいない場合にも在籍自体はしているという事が確認できれば、それで在籍確認は終わります。これだけでの電話でカードローン利用がバレてしまうという事はまずありませんので、その点は心配はいりません。
三井住友銀行カードローンの在籍確認に関して疑問や不安をお持ちの方は参考にしてください。

三井住友銀行カードローンの在籍確認方法

三井住友銀行のカードローンを契約する場合でも、在籍確認は避けることが出来ません。
では具体的にどのような手順で確認をされるのでしょうか?
まずインターネットやローン申込み機での申込みをすると、約10分程度で本人確認の電話があなたが連絡先として指定したケータイ電話やご自宅の電話にかかります。
ここでは申込みの確認と、入力事項の確認がなされますのでそのまま受け答えをしましょう。
その後一度電話を切って在籍確認となります。本人確認の時点で在籍確認時は個人名を名乗るかそれとも銀行名を名乗るかの確認をしてくれますので、希望を伝えると良いでしょう。
5分から10分程度で在籍確認の電話が着ます。職場で仮にあなたが電話に出られなくても、その職場にあなたが在籍しているかを確認できればOKです。
あなたが直接電話に出られた場合も質問等は無く、すぐに電話が終了します。
普段職場に個人からあなたへの電話が来ないので怪しまれたくないという場合は、銀行名を伝えてもらっても良いかと思います。
銀行からの電話はカードローン以外でも住宅ローンや教育ローンなど様々な場面で実際にあるものですから、理由付けも簡単です。
在籍確認が済むと、30分から40分くらいで審査結果の電話やメールが届きます。
申込みの時間が午前中であれば多くは即日での融資にも対応してくれますので、銀行でありながらも非常にスピーディーと言えるでしょう。